1. ホーム
  2. スムージーダイエット
  3. ≫豆乳を使ったスムージーで簡単ダイエット

豆乳を使ったスムージーで簡単ダイエット

いくつか豆乳を使ったスムージーをご紹介していきます。
調製豆乳には香料や人工甘味料、安定剤などの添加物が含まれているため、健康をより重視するのであれば無調整豆乳をおすすめします。
何故豆乳がいいのかと言いますと、豆乳には肌の新陳代謝を促しハリと弾力を与えるビタミンBや、抗酸化作用や血行促進効果のあるビタミンE、コレステロールや中性脂肪の分解をする働きをしてくれるサポニンが含まれているため、健康にも美肌効果にも良いのです。

 

まず最初に、「1日1個のりんごは医者を遠ざける」と言われているほど健康にいい、りんごを使ったスムージーをご紹介します。
りんごには脂肪の吸収を抑え、コレステロール値の低下にも効果のあるペクチンが含まれています。
もちろん、食物繊維も豊富に含まれているので便秘解消にも期待できます。
また、疲労回復効果のある有機酸も含まれていますので、積極的に摂取していきたいフルーツです。

りんご・・・1/2個
ヨーグルト・・・50g
豆乳・・・100cc

 

次にポリフェノールを豊富に含み、脂肪燃焼効果も期待できるミックスベリーを使ったスムージーです。

ミックスベリー・・・90g
ヨーグルト・・・50g
豆乳・・・100cc

 

最後にカリウムを含むため利尿作用があり、食物繊維やビタミンB群を多く含むバナナを使ったスムージーです。

バナナ・・・1本
豆乳・・・200cc
こちらのバナナスムージーにはお好みで蜂蜜やらココナッツシュガー、シナモンパウダーやココア、コーヒーの粉末などを入れるとさらに美味しくなり、美容効果なども上がります。
また、プロテインや青汁など入れても美味しくいただけます。

 

豆乳を使ったスムージーは他にもたくさんあるので、好きな果物などでアレンジして自分好みのスムージーを作ると楽しくたくさんの栄養を取れて良いと思います。

スムージーを作る際に気をつけることがあります。
スムージーは忙しい朝や、栄養を吸収しやすいという面で朝作って飲む方も多いと思います。
朝のフルーツは体にいいとされていますが、朝摂取すると良くないフルーツもあります。
レモンやオレンジ、キウイやグレープフルーツ、いちじくなどに含まれるソラレンという成分が紫外線を吸収しやすくしてしまうのです。
グリーンスムージーを作る際にセロリを入れる方もいらっしゃると思いますが、セロリにもソラレンが含まれているので要注意です。

まとめ
朝ごはんは面倒という理由や、太るから食べないなど様々な方がいますが、朝に栄養たっぷりのエネルギーを摂ることで健康にも美容にも良いです。便秘の改善にもつながります。
また、夜ごはんを豆乳を使用したスムージーに置き換えることで豆乳の褐色脂肪を増やす効果から、脂肪を燃焼しやすい体になります。
栄養や美容効果たっぷりの豆乳に、さらに自分の悩みに効果的なフルーツを入れてスムージーにすることで楽しく美味しく悩みの解決になるかもしれません。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。